2015年08月29日

Amazonって厳しいんですね。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44908

壁にぶち当たったら、越えなきゃいけないそうです。壁に当たったら登ることが唯一の解決策とされるみたいで、回避とかはできないみたい。

そういう厳しいやり方で鍛えて、残った社員はとっても優秀。やめた社員もそれなりに優秀ということになってるみたいです。

アマゾンでは会議で互いのアイデアを酷評したり、長時間かつ深夜まで働くことが奨励される(深夜過ぎにeメールが送られてきた直後に、なぜ返信がないのかというメッセージが届く)。


内線番号表には、互いの上司宛に内密にフィードバックを送る方法が記されている。これは他人への妨害工作にかなり使われている、と社員たちは言う。


ガンや流産、そのほか、個人的危機に遭った従業員の中には、回復の時間を与えられず、不公平な評価を受けたり、じわじわと追い出されたしたという人もいた。


「会議室を出ると、大の男が顔を覆っている姿が目に入る。一緒に働いたほぼ全ての人がデスクで泣いていた」とオルソンは語った。


(2015/11/05)
労組ができたそうな。
http://www.huffingtonpost.jp/2015/11/04/amazon-pip-labor-union_n_8476068.html

以上

blog_icon.png
posted by はたけきかく at 13:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする