2016年03月30日

Nik Collection, GIMP, VirtualStore ときてもう寝る間を惜しんで頑張った

昨日、うまく動かずいろいろやってダメダメになりそうだったけどどうにか動くようになって、でもダメだった理由がさっぱりわからず、ようやく本日、いくらか回答が得られたっていうそういう話。

そのあれこれ試してどうなってこうなってこれってなんだ?!みたいな話も書きたいと思っていたのだが、そして仕事中にスクリーンショットを撮ってたりもしたのだが、それはいいや。

大切なことだけ書きます。

まず、Nik Collectionが無償になった。これは写真をきれいに、プロっぽくするソフト。
http://getnews.jp/archives/1435808

で、これを入れたんだけど、Photoshopなんて持ってなくて、無料のGIMPユーザーなのですね。で、それを使おうってことで、こちらを参考にセットアップ。
http://bernhardhuber.blogspot.jp/2013/05/using-niksoftware-in-gimp.html

ShellOutっていうのでGIMPとNikをつなぐんだけど、ShellOut.pyをProgram Files下のGIMPのplug-inディレクトリに置き、続けて、内容をNikに合わせて書き換えたところから悲劇が始まった。

K2Editorっていうソフトを使ってるんだけど、開いて編集して保存して、GIMPを動かしても、Nikのフィルターが出てこない。なんで?ってことで、全部削ったり、Paintだけ残したりしても、ずーっと最初と同じまま。

最初にどこかに登録されちゃうんじゃないかとか、編集個所間違えてんじゃないかとか、ダメなんじゃないかとか、心配しつつぐだぐだになったけど、結局、できた。

注意点は、
ShellOutをダウンロードしたら先にNikの情報を加えて、それをProgram Files下のGIMPのplug-inディレクトリに移動する。ただーそれーだーけー♪。


Program Files下って、直接更新とかできないようになってるらしく(Windows7あたりかららしい)、更新できたように見えても、Program Files下のファイルの内容は変わってない。でも開くと、ちゃーんと更新されてる。じゃどうなってんのか、というと、

C:\Users\(USER)\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\xxx

みたいなところに入る。VirtualStoreっていう仮想化の仕組みなんだって。エディターでは更新されてるように見えたけど、コマンドラインからtypeコマンドでファイルを表示させると、前のまんまだった。

すんごいいやーな気分になったけど、今日になってVirtualStoreっていうやつだってわかったので今はほっとしてます。

Nikはなかなか、というよりかなり面白いソフトです。あと、GIMPとかなくても、直接exeファイルを動かせます。

これがいいかどうかは置いといて、こんなことが簡単にできます。もとはただの砂浜なんだけど。
DSC_00731.JPG

以上

blog_icon.png
posted by はたけきかく at 20:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする