2016年09月16日

static問題、続き

結局ね、ログを出力するクラスがあるんですけども、そのメソッドがすべてstaticなわけですよ。

で、ログ出力のクラスは、日付をなんかするためのクラスのメソッドを呼んでるんですよ、そっちもstaticです。

そのstaticメソッドの中では、システム日付を取得して、指定した書式に整形して、返すっていうやつなんですよ。

デバッグ用に、プロパティファイルに書いた日付で処理するようなコードも入ってるので、それは、すなわた、プロパティファイルを読むっていうことでしょうよ。

今日は2016年の9月16日だから、あれやこれやで「2016-09-16」っていうのを返すってやつ。

これを一個のログを書くたびにやるんです。

いやいや、そんなもん最初に一回やって、「2016-09-16」を返せばいいじゃんって感じ。

同じことの繰り返しが得意なコンピューター様だからいいのかもしれませんが、人間だったら大変なことになっちゃいます。

わかりやすく言うと、今日の日付の印鑑を彫って渡された紙にパンって押してね、っていうやつ。

普通は、紙を持った人が来たら、ちょっと待っててねーとか言いながら、日付の印鑑を彫って、ごめんねー待たせちゃってとか言いながら、ポンって押して。

次からは、もう彫ったのがあるから、朱肉に押し付けてポンって押すだけ。

ところが、staticだと、毎度毎度、日付印鑑を彫ることになるのだ。

紙を持った人が来ると、待っててねーと言いながら彫って押す。

また、紙を持った人が来ると、待っててねーと言いながら彫って押す。

また、紙を持った人が来ると、待っててねーと言いながら彫って押す。

また、紙を持った人が来ると、待っててねーと言いながら彫って押す。

また、紙を持った人が来ると、待っててねーと言いながら彫って押す。

いや、そこにあるやつ使えばいいじゃんって思うよねー。

まいるわ。

きょうび、それなりのシステムだったら、ログなんて一日何十万件とか書くでしょ?

以上

blog_icon.png
posted by はたけきかく at 20:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする